​輝栄塾特別講座

福岡校開校記念

心に寄り添い
"また指導してもらいたい"と思われる
栄養指導講座in福岡

2008年に特定保健指導が始まって以来、

管理栄養士が一般の方に指導できる機会が多くなりました。

 

一次予防からクライアントと関われることは

健康を支援する上でとても喜ばしいことです。

 

 

しかし、栄養指導はあまりいいイメージをもたれていないことが多く、

 

 

「あまり受けたくない」と思われているのが実情です。

 

 

 

その内訳として

「食べることを制限されそう」

「カロリーなど難しい話をされそう」

といったイメージではなく、

 

 

 

「前に指導された栄養士さんにすごく怒られた」

「以前受けたときに無理なことばかり押し付けられた」

といった実際に受けた際にいやな思いをした経験に基づく場合が

大きな割合を占めています。

 

 

「風邪でのどが嗄れていたのに、お酒のせいで嗄れていると決めつけで言われた。」

 

「あれもこれもダメダメで実現不可能なことを指導された。」

 

など耳を疑うような指導をされたとクライアントから直接伺いました。

原因は目的を明確にできていないこと

栄養指導のゴールはなんでしょうか?

なんのために栄養指導を受けていただくのでしょうか?

 

 

輝栄塾では

栄養指導のゴールを

 

より健康に、より心豊かになっていただくこと

 

と定義しています。

 

 

 

検査値データを改善する

ということはもちろん大切ですが、

 

仕事や好きなこと、趣味がバリバリできる

といった心の豊かさも目指してこそ、

 

「受けてよかった」「また受けたい」

と思っていただけるのだと考えているからです。

「食行動」を指示するのは自己満足指導

・管理栄養士だから栄養について指導しなければならない

・栄養指導だから食事のことを改善するように言わなければならない

 

このような固定概念にとらわれて、

クライアントの食行動に×をつけて〇にしようと

説得 する指導・・・

 

そんな指導をしようとして

自信を持てない管理栄養士がたくさんいます。

食行動の奥を知る

クライアントの食行動を見て

その食行動を枠に当てはめようとするのではなく、

 

その食行動を起こしているのはなぜなのか、

その奥を知ることから始まります。

 

 

例えば、1日2食、お昼ご飯を抜いている方がいるとします。

 

その方に「3食食べてくださいね」というのは

先に申した通り、自己満足の指導です。

 

 

【2食を3食にしてくださいと指導した】と報告したいがための指導に他なりません。

 

 

なぜ、その食行動を摂っているのか?

をまず聞いていきます。

 

 

 

この方の場合は

毎日仕事が忙しく、残業で帰りが遅い

という生活の【環境】があり、

 

 

早く帰って、生まれたてのわが子に会いたい

という【思考】を持たれていらっしゃいました。

 

 

仕事の量を減らすことはできないから

お昼に休憩を取って仕事を中断するよりも

一気に終わらせて、夜は早く帰りたい。

 

 

だからお昼ご飯を食べていなかったです。

 

 

お昼ご飯を食べたほうがいいというのは

ご本人様も百も承知なことなのです。

 

 

 

それをただ食行動だけを見て食行動を

改めさせようとするのは決して選ばれる栄養指導ではありません。

本音を引き出せば、自ら行動する。

食行動の奥にはその人の置かれている環境、その人の思考がある。

 

そしてその奥にはその人の本音が隠れている。

 

 

この本音を引き出すことで

クライアントは自ら行動を起こすのです。

参加者様の声

指導というよりもクライアントに寄り添うという意味がよくわかりました。

栄誉指導をやったことがなかったので、とても難しく考えていましたが、一番に相手のことを考えて、困っていることを一緒に解決していけばいいんだと気がつきました。

​すぐにためしてみたいです!

H.Mさま

大阪府

今までは目標を決めないといけないというところに囚われすぎていたように思います。

明日からの栄養指導に生かしていきます。

​すごく楽しくてあっという間でした。

K.Eさま

京都府

栄養指導の勉強は大学の実習のみだったので、ほとんど忘れているし、いざやってみると時間も思ったより長くて大変でした。でも、一連の流れがこれでなんとなくわかったかもしれないので、すごく勉強になってよかったです。

​改めてこれができたらカッコいいなって思いました。

N.Nさま

兵庫県

行動リストはクライアントに出してもらうのがベストと以前から思っていましたが、それができる方法が分かったようですごく勉強になりました!

​セミナーって、気持ちが変わったけど実際それをどう行動に移したらいいものか分からないようなこともあるのですが、今回はすぐに使えるツールや方法を教えていただき、明日からすぐ行動できるので、次の指導が楽しみでなりません!

T.Sさま

兵庫県

自分が一番大事だなと思っていた相手との信頼の作り方がとっても具体的に講座でわかりました。

一次予防の栄養カウンセリングのやり方が分からず、悩んでいました。しかし、この明確化ツールを使うとすごく流れがわかりやすかったのでスムーズにできました!

​まずこのシートを使って10人に指導します!

Y.Kさま

高知県

相手に興味を持つことが一番大切だと分かった。信頼関係を作れるようにしていきたい。

次回の指導がらすぐに実践できることが多いのでやってみたい。

​今回のフィードバックをして身につけたい。

T.Sさま

岐阜県

具体的提案や「具体的」って難しいと思いつつも自分が受け身ならやはり具体的ってわかりやすいと実感した。

トークが日常も仕事も苦手なので今日のエッセンスを生かしていきたいです。

​個別向け、グループ向けなどいろいろ単発講座があれば嬉しいです。

M.Aさま

大阪府

初めての栄養指導に向けて受講しました。実際にやってみると難しかったですが、少し自信が持てました。

今日初めて参加しましたが、参加してよかったです。

​またこれから自信を持って管理栄養士として働けるように勉強していきたいです。

N.Kさま

山口県

患者さんとの信頼関係を作ることの重要性、寄り添う指導とはどういうことかを学びました。

大変勉強になりました。

​生活チェックシートを活用して指導を行いたいと思います。

T.Yさま

大阪府

Please reload

 
セミナー詳細

◆日時
2017年6月18日(日)
13:00~16:00     
※動画受講受付中 
 
◆内容

・「受けてよかった」と言ってもらえる栄養指導には段階がある

・一瞬で安心感を与える方法

・関心を持ってもらえる3要素

・「また受けたい」と思われる栄養指導に必要なマインド

・誰でもすぐに栄養指導ができるようになる魔法のツール

​※内容は変更になることがあります。

◆参加費
 
  お一人さま 10,000円(税別)
  
 
 
◆場所
  リファレンス 駅東ビル 貸会議室
  福岡市博多区博多駅東1丁目16-14
主催は有月恵美さん
 
                                    2017年8月に福岡校が開校決定!

                  給食マネージメント学部がスタートします。

                  有月さんはその給食マネージメント学部主任講師。

 

                  福岡にて栄養士に会えるごはん会や

                  栄養士のコミュニティー  夢カフェを主宰。

     

                  給食会社に勤務する現役給食マネージメントの

                  プロフェッショナルです。

 

                  福岡の管理栄養士にも栄養指導講座を受けてほしい!

                  と今回主催してくださることになりました。 

​申し込みフォーム

好評につき動画受講受付中です。

​件名に「福岡栄養指導講座受講申し込み」とお書き添えください。

受講料: お一人さま  10,000円(税別)